株式会社 柿澤学園 ソーシャルメディアのガイドライン  
1 個人情報・プライバシーの保護 顧客(消費者)の個人情報について、利用、収集、保管方法など、関係法令(個人情報保護法やプライバシー侵害等の不法行為)を順守すること
2
機密情報や知的所有権の保護 

会社の機密情報を第三者に漏らしたり、ネット上に公表することを禁止する。知的所有権に関する情報、営業秘密(不正競争防止法)の公開禁止
3
第三者の権利の尊重と保護 

他人の著作権や肖像権、商標権、コンテンツの二次利用について、関係法令を順守すること
4
透明性の確保 

ソーシャルメディア上の議論をコントロールする(金銭を払って口コミを作る)などの、やらせ行為(ステルスマーケティング)の禁止。製品サンプルを含む物品、金品、サービスの提供をした(受けた)場合、その事実を明記すること
5
誹謗中傷の禁止 

特定の個人や集団への侮辱、名誉棄損、差別的表現の禁止。特定の思想、信条、宗教、政治等に関する攻撃的、差別的、排他的表現を差し控えるなど
6
非難を受ける技術情報の制限 

マルウェア、スパイウェアなどを使用して、ソーシャルメディアマーケティングに利用することの制限または禁止。また、こうした使用を推奨する組織やWebサイトへの非協力の表明
7 自己責任の明確化  個人利用のソーシャルメディア(ブログ、TwitterSNSなど)での発言に対する自己責任の明確化と、所属する企業と何ら関係のないことの表明
8 第三者へ敬意を払う傾聴の態度  コミュニケーションの目的を明確にし、第三者とソーシャルメディアを通して有益な情報提供や交換を行うこと。同時に相手のいうことに耳を傾ける傾聴の態度で接すること。社会における会社のサービスや製品に対する評価を、身近に知ることができる機会を得ていることを自覚する。発信だけではなく、傾聴こそが重要であることを認識する
9
デジタルツールとしての特質の理解
 
一度ネット上に出た情報は、瞬時に伝達され、取り消すことができない性格のものであることを理解し、表現や記述には細心の注意と慎重な態度で臨むこと